ホームローンドクターの住宅ローン借り換えクリニック

どれかひとつでも当てはまれば
住宅ローンが100万円以上削減できる可能性があります。

  • ローン残高が
    1,000万円以上
    ある方
  • ローン期間が
    10年以上
    ある人
  • 現在の金利が
    1%以上
    の人
  • 1年以上前に
    住宅ローンを
    借りた人

LINE無料診断の
流れ


LINEに登録して写真を送るだけで住宅ローンの専門家が、住宅ローンの借り換えでどれくらい効果があるのか無料診断いたします。お手元に住宅ローン返済予定表をご用意ください。

  • STEP 1

    撮る

    住宅ローンの返済予定表(償還予定表・住宅ローン明細書)を撮影する。

    [撮影のポイント]
    借りた時期・借りた金額・返済年数・借りたときの金利(もしくは現在の金利)・現在の残高がわかるように撮影してください。見本
  • STEP 2

    送る

    LINEアカウントへ画像を送ってください。48時間以内に簡易試算結果をお届けします。

  • STEP 3

    分かる

    住宅ローンの借り換えに効果があるか、簡単な試算を行い結果をご報告いたします。見本

  • STEP 4

    実行する

    ※ここから有料になります。


    簡易試算結果を見ていただき、その後住宅ローンのプロに相談してみたいという場合は、折り返しご連絡いただければ対応します。コンサルティングフィーは借り換えに成功した場合のみ、成功報酬制で10万円~40万円(+消費税)となります。

    STEP4のコンサルティング料金
    借り換え成功の際の
    コンサルティング料
    「借り換えで得をした金額×10%」(最小10万円、最大40万円)+消費税

登録方法

  • STEP 1

    LINEを開き、「その他」から
    「友だち追加」を選択

  • STEP 2

    「 @hlda 」で検索して

  • STEP 3

    「ホームローンドクター」を
    友だちリクエストに追加

スマホで簡単に登録できます

QRコードを読み込むか、友だち追加ボタンを押してください。

OR 友だち追加数

実際に
ローンを削減した

実例をご覧ください


自分で銀行に相談に行った際は850万円くらいのメリットが出ると言われたが、他の銀行ではどうなのだろうと思い、こちらにLINEで相談してみたところ1,000万円のメリットが出ると分かり、有料相談をお願いした。家を買った時にローンを組んだ時は書類の準備や記入が面倒だった印象があったが、今回は書類記入もサポートしてくれたので思ったより楽に終わった。お金を払ってプロに相談してよかったです。
A様の声
A様の声
モーゲージコンサルタント:淡河
全期間固定金利を2つ(土地購入用と建物建築用の2つ)組んでいたA様、借り換え後は全期間固定金利ではなく20年固定金利を選ばれました。金利上昇リスクは取りますが残り期間が24年ということもあり、実際にはリスクは小さくできるためです。 元々の金利が高かったこともあり、1,000万円以上の削減ができました。
モーゲージコンサルタント:淡河
自分の金利は低いと思っていたので、借り換えをしてもあまりメリットがないのではと思っていましたが、試算してもらうと思ったより低くできてびっくりしました。変動金利や固定金利についてきちんと理解できていたわけではないので、金利の決まり方等、一から丁寧に説明してくれて理解が深まりとても助かりました。子どもの教育費がこれから重くなる中、金利が上がった時にどれくらい家計にマイナスになるかを計算してくれ、それを防ぐために10年、金利を固定するという選択肢を教えてくれたのもありがたかったです。
B様の声
B様の声
モーゲージコンサルタント:井上
金利を下げて返済額を小さくできたばかりでなく、10年固定金利に借り換えたことで、金利上昇リスクを小さくすることもできました。B様のお子さまは15歳と13歳、これから教育費が重くなる時期。金利が上がらなければ10年固定より変動金利の方がお得でしたが、金利が上がってしまうと家計が厳しくなることが予想されました。一方、10年間金利を固定できると11年目以降に金利が上がってもその時には教育費負担はなくなっていることから、危険性は小さくなることが確認でき、今回は10年固定を選ばれました。金利を選ぶ時は本来はこのようにライフプラン全体を考慮する必要があります。
モーゲージコンサルタント:井上
最初に住宅ローンを借りた時は将来のことをよく考えずに適当に妻と二人で借りました。金利が上がるタイミングだったので借り換えをしておこうと思いましたが、妻が退職してしまったので借り換えが認められるのか不安で相談に行きました。2つの銀行の審査の申し込みをサポートしてもらい、第1希望の方で借り換えが無事成功でき、500万円以上の削減ができました。
C様の声
C様の声
モーゲージコンサルタント:淡河
ご夫婦のペアローンで組んでいたものの借り換え相談でした。奥様が退職しているのでペアローンのまま借り換えるのは難しかったのですが、C様を主債務者、奥様を連帯債務者とする借り換えを行うことができ、結果的にトータルコストも500万円以上削減できました。こうした借り換えが認められるのは一部の金融機関のみなので特殊な案件の1つと言えますが、我々のノウハウがお役に立てた一例と言えるかもしれません。
モーゲージコンサルタント:淡河
住宅ローンを組む前は子どもがいなかったのですが、その後子どもが生まれたこともありローンの返済が厳しくなりました。試算は無料だったのでLINEの相談を利用、返済年数を延ばすという方法を教えてくれました。それができる銀行を3つほど探してもらい、書類記入もサポートしてくれたので思ったより楽でした。結果として最もお得になる銀行に借り換えができましたし、有料コンサルティングをお願いをしてよかったです。
D様の声
D様の声
モーゲージコンサルタント:大倉
今回は最初のローンが30年返済で借りていたこともあり、返済年数を延ばす借り換えを実施できました。トータルコストでは115万円しか下げられませんでしたが、毎月返済額は27,000円ほど下げることができました。本来は最初にローンを借りる時にきちんと資金計画を立てるべきですが、現在の低金利は資金計画を軌道修正するには絶好のチャンスとも言えます。
モーゲージコンサルタント:大倉
リフォームをしたいと思っていたが、預金が少なく迷っていた。住宅ローンの借り換えで得した分、実質無料でリフォームできたのはありがたかった。毎月の返済額はリフォーム代を入れても15,000円以上減ったので楽になった。銀行を選ぶ際2つの銀行に同時に書類を出す、というサポートをしてくれ、書類の記入もアドバイスしてくれたので助かった。
E様の声
E様の声
モーゲージコンサルタント:淡河
リフォーム会社からの紹介でコンサルティングを行いました。借り換えに合わせてリフォーム資金を上乗せできる銀行もいくつかあるので、それらのうち金利等で有利になる2つの銀行の審査を受けてもらい、最終的に第一希望の銀行を利用できました。今まで全期間固定金利だったものを10年固定金利に借り換えるので金利上昇リスクを取ることになりますが、返済期間は残り15年であるため実質的な金利上昇リスクは小さいという試算結果が出たため、10年固定金利を選ばれました。
モーゲージコンサルタント:淡河

<注意>

変動金利選択時の場合は、将来的に金利の変動リスクが伴います。

借り換えをした場合、登記費用等の諸経費がかかります(銀行により諸経費をローンに組み込むことも可)。

借り換えの差益は、残高、金利・銀行により異なります。また、お客様の経済状態によっては借り換えできない場合がございます。

やってはいけない
4つのこと


住宅ローンの借り換えについて銀行に相談に行く

銀行でも借り換え相談は行っていますがその銀行の住宅ローンのことしか教えてくれません。「今なら他行の方がお得ですよ」とアドバイスしてくれる銀行があればいいのですが、 残念ながらそういう銀行はなかなかありません。
A銀行で借り換えをして得をして喜んでいたけど、実はB銀行で借り換えをしたらもっと得をしていたのに!という後悔の声は残念ながらよく聞きます。
住宅ローンの借り換えは色々な金融機関を比較した上で最も有利なところを決定していく必要があります。

インターネットのランキングで選ぶ

インターネット上の借り換えランキングは借り換え額や返済期間等、ある条件に基づいて試算した結果を表しています。しかし本来は、借り換え額や残りの返済期間によって順位は変わるはずなのです。皆さんの置かれた状況によって最適な住宅ローンは異なってくるということですがランキングサイトではそこまでわかりません。
また、そもそもランキングに載っているのは広告料をもらえるところのみ、という場合もあるので注意が必要ですし、必ずしも住宅ローンのプロが作ったランキングではありません。間違っていることもよくあります。

金利だけで選ぶ

借り換える銀行を選ぶ際、「金利が低い銀行」を探そうとするのが一般的。しかし表面上の金利が低くても手数料が高いといったこともあります。必ずしも金利が低いところが有利、とはいえません。
手数料や保証料、金利優遇の条件等も加味した「実質の金利」の比較が大事です。この比較、簡単にはできないのです。

安くなればそれでいい

返済額が減らせればそれでOK、という姿勢は正しくありません。固定金利で組んでいたものを変動金利や5年固定、10年固定等に借り換えれば確かに返済額は減りますが、金利が上がると毎月返済額が増えてしまう可能性があります。
金利上昇リスクを取るべきかどうか、は各世帯によって異なります。将来の教育費や老後資金等、家計を総合的に見た判断が必要です。住宅ローンの借り換えはあくまで手段でしかありません。

住宅ローン借り換えクリニックでは、
住宅ローンの専門家集団ホームローンドクターアライアンスが、
これらの問題点を全てクリア、
正しい住宅ローンの借り換えにみなさまを導きます。

住宅ローン
クリニックの特徴


業界第一人者の圧倒的なノウハウで皆さんの借り換えを成功させます。

  • 複数の金融機関を比較

    銀行でも借り換え相談は行っていますがその銀行の住宅ローンのことしか教えてくれません。我々の借り換えコンサルティングでは複数の金融機関を比較して最適な住宅ローンが選べます。

  • コストも含めた実質金利で比較

    住宅ローンの比較の際は、表面上の金利の低さだけに注目するのではなく、手数料や保証料等のコスト、金利優遇の条件も踏まえた実質の金利で比較します。弊社が独自に算出した実質金利で金融機関を比較、有利な金融機関の候補をアドバイスします。

  • 家計を総合的に判断した
    安全性分析も実施

    我々の借り換えコンサルティングの考え方は「安くするのは当たり前」。借り換えコンサルティングでは、家計の総合的な分析を行った上で、適切な住宅ローンの種類を選び、借り換え後の家計の指針もアドバイスする、ところまで行います。借り換えをすることが目的ではなく、長く幸せな住生活を送っていただくことが目的です。

  • 面倒な手続きを軽減

    借り換え時には色々な書類を集め、記入し、提出しなければならないのが面倒です。必要書類の取得を可能な限り代行したり、選ぶ金融機関次第では自宅にて申込書類の記載等をできるようにも手配したり、と面倒な手続きを少しでも軽減できる工夫を行います。

  • オリジナルノウハウを持つ
    住宅ローンのプロが対応

    住宅ローンに関するオリジナルノウハウを持つ専門家集団ホームローンドクターアライアンスの住宅ローンコンサルタントが皆様の住宅ローンの借り換えをサポートいたします。

ホームローンドクターアライアンスとは

10年、5,000件以上の住宅ローン相談実績を基にした、住宅ローンのオリジナルノウハウを持つ専門家集団です。

ホームローンドクター株式会社
代表取締役 淡河範明

日本興業銀行、米国系証券会社を経て2006年株式会社ホームローンドクターを設立。住宅ローンのコンサルティング業務を行う。主な著書に『住宅ローン借り換えマジック――ノーリスクでめちゃめちゃトクする究極の儲け術』、『住宅ローンを賢く借りて無理なく返す32の方法』、『ウサギのローン カメのローン』、『顧客がよろこぶ 家づくりの資金計画提案』。

ホームローンドクター株式会社概要

・所在地
東京都中央区八丁堀2-19-6 ベルビル4F
・資本金
9,800万円
・設立
2006年5月
・事業内容
住宅ローンコンサルティング
ホームローンドクター株式会社は、今までにない住宅ローンサービスを提供することを目的に設立した会社です。
日本初の「LINEを使った住宅ローン借り換え診断」サービス「住宅ローンクリニック」を運営、月間15件ほどの借り換え相談を行っています。

メディア掲載歴

・ZAIオンライン
住宅ローン実質金利ランキング 毎月データ提供
・AERA
2017年7月17日号
・ファイナンシャルアドバイザー
2017年7月号
・BSジャパン NIKKEIプラス1
2017年3月31日
・リフォーム産業新聞
2017年1月24日号

我々のこだわり


~なぜコンサルティングフィーをいただけるのか~

  • 金利は低ければいい
    というわけではない!

    表面上の金利だけでなくコストや優遇条件等含めた実質の金利で最適なローンを選択 借り換え時にはできるだけ金利が低いところを選ぶべきですが、金利が低いからといってそのローンを選ぶのは間違いです。借り換えにかかるコスト(金融機関で異なります)や金利優遇の条件等を加味した「実質の金利」で比較する必要があります。
    借り換えコンサルタントの中には単純に「表面の金利」が低いところへの借り換えを促したり、自社に紹介料が入る金融機関のみを勧めたり、という人もいますが、それは正しい姿ではありません。表面金利ではなく実質金利の比較。ここまでできるコンサルタントはほとんどいません。

  • ホームローン
    ドクターアライアンス
    の住宅ローンクリニックは
    他とココが違う!

    住宅ローンの種類には変動金利、5年固定、10年固定、全期間固定など様々な金利タイプがあります。住宅ローンのプロから見て、その金利種類を適切に選べている人は多くありません。金利上昇リスクを取ってよいのか、ダメなのか、それは住宅ローンの分析だけではわかりません。家計の状況、教育費や老後資金の貯蓄状況等を総合的に分析してはじめて答えが出せます。我々ホームローンドクターアライアンスでは、家計全体をチェックした、住宅ローンの安全性分析を行います。借り換えは目的ではなく、あくまで手段。「ただ安くするだけ」の他の借り換えコンサルタントとはアドバイスの質が違います。

LINEが使えない方は
下記に入力し送信してください

 
お名前 姓  名 
フリガナ セイ  メイ 
郵便番号 -
都道府県
市区町村
番地
ビル・マンション名
TELまたは携帯番号
メールアドレス
ローン契約者の
ご年齢
現在の住宅ローンについて
現在の残高
現在の金利
毎月の返済額
ボーナス返済額
ローンを借りた時期年 
金利種類
ご相談事項
TOP